アンティーク, 欧米古着, テディベアのレッドバロウ * closed on 月・水 * 1:00〜7:00 OPEN 【 すべて5%OFFセール中 & 送料無料 & 代引き手数料無料 】

*1960〜'70年代 * スージー・クーパー *「 フレグランス * Fragrance 」* フルーツボウル3枚セット * 高級磁器ボーンチャイナ *【 アンティーク2006-19 】

7,500円(内税)

イギリス195〜'60年代 * スージー・クーパー *
「 フレグランス * Fragrance 」* フルーツボウル3枚セット


*size 直径 16 cm × 高さ 4cm

〜 イギリスを代表する女性陶器デザイナー、Susie Cooper(スージー・クーパー)〜
スージー・クーパーは、世界初の女性陶器デザイナーとして、
イギリスを代表する女性陶器デザイナーとしてその地位と名声を確立し、今なお世界中のファンを魅了し続けています。
その淡い優美な色合いと愛らしい丸みのあるフォルムはイギリスのロイヤルファミリーをも魅了し、英国王室御用達となったことでも有名です。


1953年にデザインされたスージー・クーパーの「 フレグランス * Fragrance」は、
スージー・クーパーの後期の人気パターンです。
イギリスの国花であるバラが、ロマンティックで可愛らしいピンクで描かれていて、
さらにパープルのスミレが添えられております。
「Fragrance」=「芳香」という名前のとおり、匂い立つような花々が可愛らしいパターンです。
女性デザイナーならではの柔らかい雰囲気を醸し出しております。

バックスタンプからもわかるように、スージー・クーパー・ポッタリーが
イギリスを代表する高級陶磁器メーカー、ウェッジウッドのグループの一員として自由契約のデザイナーとして活躍していた頃の作品です・・

スージー・クーパーの会社は、第二次世界大戦での職人の減少で打撃を受け、戦中戦後と生産量制限されていて、
戦争被害によってリトグラフ(石版画)が消失してしまい、かつてデザインしたパターンの再生産が出来なくなってしまいました。
さらに2度に渡って工場での大規模火災があったため、
1960年ごろから陶磁器の製造をウェッジウッドに任せるようになっていました。
そして1964年には陶器の製造をやめ、すべて製品をボーンチャイナに切り替えました。
さらに1966年、スージーが64歳のときに、スージークーパー・ポッタリーは
ウェッジウッドの会社に属することを決意します。
ウェッジウッドのデザイナー、商品プロデューサーとして活躍することになりました。
スージー・クーパー、64歳にしての新たな転機でした。
ウッジウッドに属してからも、今までどおり斬新なデザインを発表し続けました。
ウェッジウッドの歴史の中で、自分の名前をバックスタンプに組み入れることができた
はじめての女性デザイナーとなりました。


この年代になって一世風靡した高級磁器「ボーンチャイナ=Bone China」で出来ています。
「ボーンチャイナ」は磁器の種類のひとつで、ぽってりした陶器とは違って、乳白色のなめらかな焼き物で、
薄く、軽く、ガラス質で透光性が高く、一般的な磁器よりも強度が高いとされています。

ボーンチャイナは、18世紀ごろにロンドンで発明されました。
その当時のイギリスでは中国磁器で多用された白色粘土が入手困難だったので、
代用品として「牛の骨灰(=ボーン=bone ash)」を陶土に混ぜて製作したため、ボーンの名を冠しており、
さらに中国に起源をもつ磁器(=China)という意味から名づけられました。


当時の職人に手による時間を掛けた丹念な作業で、
上質な古い時代のものならではの素晴らしいボーンチャイナの逸品です。

この小ぶりなボウルはフルーツやサラダなどを取り分けるために使用しておりました。
一緒にご紹介しているサンドイッチ・プレートにサンドイッチやフルーツをたっぷり盛って、
こちらのボウルに取り分けても良いと思います...♪
時にはお庭でパラソルを広げた下で小さなお茶会を開き、
みんなでテーブルを囲んでサンドイッチをつまんだりお茶を飲んだり、という光景が目に浮かぶようです...♪

2枚にわずかなスクラッチが見られますが、かんにゅう、カケ、クラック、シミなどありません。
底面にはバックスタンプがございます。

アンティークのボーンチャイナ製ならではの味わいになっていますので、ご注文前には写真をよくご確認くださいませ。
アンティークのものにご理解のある方へ、これからも引き続きご愛用いただきたい逸品です。

※詳細について、わからないことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

新着テディベア&アンティーク雑貨たち