アンティーク, 欧米古着, テディベアのレッドバロウ * closed on 月・水 * 12:00〜6:00 OPEN 【 すべて5%OFFセール中 & 送料無料 & 代引き手数料無料 】

* 1950〜’60年代 * スージークーパー * 「ブルーペオニー*Blue Peony」 * カップ&ソーサー&ケーキプレートのトリオ * 高級磁器ボーンチャイナ【アンティーク2301-02】

8,500円(内税)

購入数
イギリス1950〜’60年代 * スージークーパー * 「ブルーペオニー*Blue Peony」 * カップ&ソーサー&ケーキプレートのトリオセット

*size カップ:直径 約8.3 cm × 高さ 7.7 cm
ソーサー:直径 14.7cm
ケーキプレート:直径 16.7cm

〜 イギリスを代表する女性陶器デザイナー、Susie Cooper(スージー・クーパー)〜
スージー・クーパーは、世界初の女性陶器デザイナーとして、
イギリスを代表する女性陶器デザイナーとしてその地位と名声を確立し、今なお世界中のファンを魅了し続けています。
その淡い優美な色合いと愛らしい丸みのあるフォルムはイギリスのロイヤルファミリーをも魅了し、英国王室御用達となったことでも有名です。

1950〜’60年代にデザインされた「ブルーペオニー*Blue Peony」は、スージー・クーパーの後期の代表作です。
スージーがウェッジウッド社に在籍するようになってからも作り続けられました。
直訳すると「青いシャクヤク」で、その名の通り綺麗なブルーグレーのシャクヤクが描かれています。

この年代になって一世風靡した高級磁器「ボーンチャイナ=Bone China」で出来ています。
「ボーンチャイナ」は磁器の種類のひとつで、ぽってりした陶器とは違って、乳白色のなめらかな焼き物で、
薄く、軽く、ガラス質で透光性が高く、一般的な磁器よりも強度が高いとされています。

ボーンチャイナは、18世紀ごろにロンドンで発明されました。
その当時のイギリスでは中国磁器で多用された白色粘土が入手困難だったので、
代用品として「牛の骨灰(=ボーン=bone ash)」を陶土に混ぜて製作したため、ボーンの名を冠しており、
さらに中国に起源をもつ磁器(=China)という意味から名づけられました。

当時の職人に手による時間を掛けた丹念な作業で、
上質な古い時代のものならではの素晴らしいボーンチャイナの逸品です。

そんな「ブルーペオニー」の使いやすいサイズのカップ&ソーサー、ケーキプレートでございます。
すべてのティーセットは、ポット、クリーマー、シュガーボウル(またはシュガーポット)、
そしてティートリオが揃って完全なセットと言え、やはり揃えると見栄えがいたします。
さらにポットにお湯を注ぐためのホットウォーター・ジャグがつく場合もございます。

かんにゅう、カケ、クラック、シミなどありません。
ソーサーのブルーグレーの部分にわずかなスレによるペイントロスがいくつかございます。
底面にはまだスージークーパー工房時代のバックスタンプがございます。

アンティークのボーンチャイナ製ならではの味わいになっていますので、ご注文前には写真をよくご確認くださいませ。
アンティークのものにご理解のある方へ、これからも引き続きご愛用いただきたい逸品です。

※詳細について、わからないことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

新着テディベア&アンティーク雑貨たち