アンティーク, 欧米古着, テディベアのレッドバロウ * closed on 月・水 * 1:00〜7:00 OPEN 【 すべて5%OFFセール中 & 送料無料 & 代引き手数料無料 】

2015年 * 映画公開記念 * シュタイフの黄タグのクラシック・ベアが "星の王子さま" コスプレして♪「 星の王子さまテディベア * Le Petit Prince 」*【 S-1900 】

20,000円(内税)

2015年 * 映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」公開記念・・☆☆
星の王子さま×シュタイフのコラボ・テディ・・☆☆
【 星の王子さまテディベア * Le Petit Prince 】


2015年、映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」公開記念として日本限定200体のみ、体長25cm、お箱いり、証書はもともとなし、美品

当時定価:¥35.640→¥20.000 新入荷っっ&やっとやっとの初登場っっ!!
超・超・超レアッ&超・超キュートッ☆☆
映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」公開記念として日本限定200体のみっっ♪♪
ステキな物語「Le Petit Prince」こと、「星の王子さま」の格好をした
黄タグの着せ替えベアちゃんが、初登場でございます〜〜
グリーンのケープコートのフチにはワイヤーが入っていて、原画のように広げることができます〜〜
さらに王子さまが大事にしているバラを右手に持っておりますヨ〜〜ッッ!!
フランスのサン・テグ・ジュペリによる本「星の王子さま」は日本でも大変評価が高く、
世界中で読み継がれているステキな物語ですネッ♪♪
この星の王子さまベアを連れて、箱根の「星の王子さまミュージアム」にGOッ!!


元となっている黄タグのクラシック・テディさんは、2015年に作られた製造番号「000867」で、
真ん丸い小顔の、スリムな等身の、明るいゴールドのカーリー・モヘア製
なので
星の王子さまのイメージにぴったりなのです。
真っ黒おめめがついて、ダーク・ブラウンの糸で手刺繍された盾形のお鼻とお口とお爪
小さいお耳がついております。
もちろんフル・ジョイントで、全身に綿がパンパンに詰まっていて、
手足パッドはブラウンの上質なウール・フェルト張りです。
左腕に白い紙タグがついています。

そのほっそりしたベアが淡いイエローのベルトのついた真っ白いオーバーオールを着用していて、
さらに上から表があのイラストどおりのグリーン、裏地は赤のロング・コートを着用していて、
このコートはフチにぐるりとワイヤーが入っているので、
原画イラストのようにキレイに形を調えることができます。

「Le Petit Prince」と刺繍の入った淡いパープルのブーツをはいていて、
右手には王子さまが大切にしている真紅のバラを持っています。

お箱に入っています。もともと証書は付いていなかったようです。
ほとんど飾られた事がない、状態が良い美品でご来店してくれました〜っっ!!

※やっとやっとの初登場っっ!!
映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」公開記念として日本限定200体のみっっ♪♪
ステキな物語「Le Petit Prince」こと、「星の王子さま」の格好をした
黄タグの着せ替えベアちゃんが、初登場でございます〜〜
フランスのサン・テグ・ジュペリによる本「星の王子さま」は日本でも大変評価が高く、
世界中で読み継がれているステキな物語ですネッ♪♪
この星の王子さまベアを連れて、箱根の「星の王子さまミュージアム」にGOッ!!
世界で最も有名で、最も大きくて、最も頑張ってテディベア業界をリードし続けている
ドイツのテディベア・メーカー、シュタイフ社のテディベアでございますっ♪♪
いっぱい可愛がっていただける方を大募集中っ!!
またいつご紹介できるか分かりませんので、この表情にピン!と来られた方は、
このチャンスにぜひお迎えくださいね (´▽`)/


----------------------------------------------------------------------------------------------

★★・・イギリス生まれのキャラクター『RUPERT(ルパート)』・・★★
イギリスの人気キャラクター、ルパート・ベアは、子供向けイラストレーター、マリー・ターテル夫人によって作り出されました。ルパートは永遠にのどかな田園風景の街「ナットウッド」に住むベアで、魔女やドラゴンの登場するおとぎの冒険に巻き込まれます。友達には、あな熊のビル、パグ犬のアルギー、象のエドワード、物知りじいさんの山羊などがいます。イギリスの全国紙「ザ・デイリー・エクスプレス紙」の編集長であった夫は他の全国紙に匹敵するような漫画を探していたので、夫人の漫画を採用、1920年11月8日、「ザ・デイリー・エクスプレス紙」で、イギリスの子供達にルパート・ベアを漫画で紹介しました。人間の手を持った不思議なデザインのこのベアは一躍人気モノとなり、「Rupert Bear annuals(ルパート・ベア年報)」によって、20もの国に知られるところとなりました。その後も、様々な挿絵画家と作家の手によって物語は受け継がれ、今日では、ジョン・ハロルド氏の挿絵とイアン・ロビンソン氏のお話によって続けられております。
かのサー・ポール・マッカートニーも大ファンであることは有名な話。好きすぎてレコード・ジャケットの表紙に登場させてもいます。
現在、様々な国の人々に愛されつづけ、1983年にはルパートの伝統を守るための組織「The Followers of Rupert」が作られ、世界中のメンバーによって運営され「ナットウッド」という会報誌を発行しております。また、原作者マリー・ターテル夫人の生まれ故郷のイギリス、カンタベリーの博物館で、収集されたルパートのグッズが展示されております。機会がありましたらお立ち寄り下さいませ♪

 

新着テディベア&アンティーク雑貨たち