アンティーク, 欧米古着, テディベアのレッドバロウ * closed on 月・水 * 1:00〜7:00 OPEN 【 すべて5%OFFセール中 & 送料無料 & 代引き手数料無料 】

R. ジョンライト * ”R. JOHN WRIGHT DOLLS, INC” *「 Rainy Day Outfit * レイニーデイ・アウトフィット 」*【 A-2208 】

38,000円(内税)

定価 55,650円(内税)

R. John Wright氏の工房 ” R. JOHN WRIGHT DOLLS, INC ”
【 Rainy Day Outfit * レイニーデイ・アウトフィット 】


3種類あり、各1000セット限定、お箱36cm × 36cm × 12cm、お箱・証書つき

当時定価:¥55.650→¥38.000★★ 新入荷っっ&大変久々の登場となりますっ♪♪
超・超・超レアッ&超・超キュートッ&希少っ&貴重っっ☆☆
世界トップクラスのテディベア作家でありドール作家でもあるR. ジョン・ライト氏の手によって
素晴らしい代表作「パディントン」が生み出されましたっっ!!
その圧倒的な評価を受けて、パディントンのためのコスチュームが3種類も作られましたっっ!!
だからジョンライト氏のパディントン・ベアは着替えも出来ちゃうスグレモノっっ!!
いつかコスチューム3種類を揃えたいと思っていた方へぜひ〜〜っっ♪♪
長い物語の最初の印象的なシーンに登場する、いかにもパディントンらしい格好をしております・・


★R.ジョン・ライトさんの公式サイトでの、プロのカメラマンによるこのパディントンの写真はコチラ・・→

■「くまのパディントン」
1958年10月13日に出版された児童小説「くまのパディントン」シリーズは、
イギリスの作家マイケル・ボンドによる児童文学作品で、挿絵はペギー・フォートナムの手によって描かれました。
世界30カ国以上の言語で翻訳・出版され、全世界で3000万部を売り上げていて、
世界中のファンに愛され続けているベストセラーです。


もちろん小説の主人公は小ぐまのパディントン。
暗黒の地、南米のペルーからたった一匹でイギリスまで密航者として旅してきた彼が、
ロンドンのとある駅でブラウン夫妻に出会って、家族として迎えられ、
さまざまな冒険談とともに街の人気者となっていくお話は、
1956年、マイケル・ボンド氏が妻にクリスマスのプレゼントとして贈ったクマのぬいぐるみから始まったそう。
ダッフル・コートに時化帽(しけぼう)、ウェリントン・ブーツという格好は、
ペルーから密航してきたパディントンが、ロンドンの悪天候に備えた旅姿だそう。
もちろんマーマレードが大好物です。テレビ、ラジオでシリーズ化され、ミュージカルにもなり、
キャラクター・グッズも大人気という世界的なキャラクターとして人気があります。
2015年にはCGによる映画「パディントン」、続編「パディントン3」も公開されましたッ!!


お箱は概ね状態良いですが、少し凹みがございます。日焼けはありません。
中身については、特筆すべきダメージなく美品ですが、
一度、出されているようで、固定するゴムからは外されているものが多いようです。
そういった状態も考慮しましての特価とさせていただきます。
ジョンライト氏のパディントンをお持ちの方へオススメしたいセットでございます。


☆。*世界的なコンテンポラリードール作家、R. John Wright(R.ジョン・ライト)氏の工房 "R. JOHN WRIGHT DOLLS, INC" *。☆
コンテンポラリードール&テディベア作家の巨匠、最高峰、最も評価の高い高名な作家のひとり、アメリカのR. ジョン・ライト氏は、DOTY賞(ドール・オブ・ザ・イヤー)、ドール・マガジン賞、Jumeauトロフィーなど世界で最も権威のある数々の賞を次々と受賞し、今世紀最高の才能を持つドール・アーティストと評価を得ていらっしゃいます。1974年、良きパートナーであり妻のスーザンとバーモントの地に居を構えてから、互いに美術に関することを大学で学び、そのことを通して生活の術を得ようと考えていました。最初の人形は手元にある生地から縫い上げ、地元の工芸展に持ち込んだところ、その6点は瞬く間に完売し、さらにすぐさま100点もの注文が舞い込みました。すぐに店員としての職を辞し、スーザンの助けを借りて6ヶ月でこの注文に応えたのでした。そして伝説の工房「R. JOHN WRIGHT DOLLS, INC」は、アメリカのニューヨークに1976年に創立されました。1980年には、ジョイントや厳選されたフェルトを使用し、洗練された衣装を身にまとったあの「Little Children Series」を発表し、その繊細な作りで瞬く間に人気作家になりました。1985年から始まった伝説の「Winnie the Pooh」シリーズでその人気は不動のものとなったのです。作品はディズニー・クラシックス、ピーター・ラビット、キューピー、パディントンと続いてゆきました・・・そんな風に絵本を題材にした名作や、ディズニー・キャラクターたちを数多く制作していて、最も評価の高い作品群のひとつ、素敵な「パディントン・ベア」の世界は、イギリスの作家マイケル・ボンドによる児童文学作品で、ペギー・フォートナムの手による挿絵を忠実に立体で表現しており、独自のオリジナリティ溢れる作品群となっております。
★R.ジョン・ライトさんの素晴らしい公式サイトはコチラ・・→





新着テディベア&アンティーク雑貨たち