テディベア&アンティーク雑貨専門店のレッドバロウ(Red Barrow)※2018年6月のみ月曜〜水曜定休 P.M.1:00〜7:00 open 【 すべて送料無料&代引き手数料無料っ!!】

フランス1900年〜'30年代 KGリュネヴィル窯の陶製カフェ・オ・レ・ボウル【 アンティーク1803-03 】

8,500円(内税)

【 フランス1900年〜'30年代 KGリュネヴィル窯の陶製カフェ・オ・レ・ボウル 】

*size:直径:12.8cm × 高さ:7.5cm

¥12.000→¥8.500★★ 新入荷っっ&大変古いカフェ・オ・レ・ボウルをご紹介しますっっ!!
大変古いので使用キズとクラックなどがあり、特価にてご紹介しますが、
それもアンティークの味として楽しんでいただける方へお願いしますっっ♪♪
真っ白い堅く焼きしまった陶器にキレイなブルーの柄がパッチワークのように内側にも外側にも連なっていて、
水辺には鳥が羽ばたき、花や草が元気に描かれておりますっっ♪♪


硬く焼き締まった真っ白い陶器に、キレイな明るいブルーのパッチワークみたいに連続してスタンプされた柄が
和風っぽくもあり、側面には水辺に鳥たちが嬉しそうに羽ばたいていて花々が咲いている柄の
とても珍しい柄のカフェ・オ・レ・ボウルです。
ほど良いサイズで、両手にすっぽり収まるフォルムのボウルです。

古い年代のものなので、内側にスプーンで浸したパンをガシガシと砕いた時の痕がたくさんあり、そのラインが色づいています。
カンニュウはありません。
フチに沿って2本ほど焼成時にできたと思われる窯疵がラインとして出来ており色づいています。(写真6枚目)
また古い陶器の特徴として、焼成時にできる小さいホツがいくつかあり、高台にはスレがあって色づきがあります。
フチから3cmほどクラックがあり色づきも見られます(写真5枚目)ので、よくご確認ください。

底にはKGリュネヴィル窯のバックスタンプがあります。

いろいろと難がありつつもそれを超えて素晴らしい逸品となっています。
ずいぶん長い時を経てココへ辿り着いてくれた希少で貴重な陶器なので、
このアンティークの陶器ならではの味をお楽しみいただける方へよろしくお願いしますっ♪♪

==========================================================================

☆。*アンティークのカフェ・オ・レ・ボウルには不思議な魅力があります*。☆

19世紀、「カフェ・オ・レ・ボウル」は「スープ・ボウル」と呼ばれ、スープを飲むために使われていました。
フランスの人々は、パンをスープに浸してからスプーンですくって食べていたので、
そのころのボウルは大きく、内側の底にスプーンによる使用疵がついているものが多く残っています。
同じく19世紀になるとヨーロッパではコーヒーが飲まれはじめ、1870年頃には中流家庭の中でもコーヒーが一般的になりました。
そして1920年頃には、庶民にもコーヒーを好んで飲む人が増え、特に朝食に飲むのようになりました。
そんなスープ・ボウルをカフェ・オ・レ・ボウルとして使用し始めた1920〜'40年代ごろ、
フランスでは、カフェ・オ・レにも、スープにしたようにパンを浸してスプーンですくって食べる人が多かったため
この年代のものにも内側の底にスプーンによる使用疵がついているものが多いようです。

古いカフェ・オ・レ・ボウルには、さまざまなサイズ、フォルム、デザイン、絵があり、
ハンドペイント(=手描き)したり、絵柄のスタンプを連続して押したり、吹きつけによるステンシル柄など
すべて専門の窯の職人の手作業によって作り上げられていました。
そのためすべてのアンティークのカフェ・オ・レ・ボウルは、一つ一つの特徴が絶妙に違っており、
アンティークのカフェ・オ・レ・ボウルの魅力と言えましょう。
カフェ・オ・レ・ボウルがお好きな方は、そのなかから好みにあったボウルを見つけるのが楽しみとなっています。

新着テディベア&アンティーク雑貨たち