アンティーク, 欧米古着, テディベアのレッドバロウ * closed on 月・水 * 1:00〜7:00 OPEN 【 すべて5%OFFセール中 & 送料無料 & 代引き手数料無料 】

イギリス1981年 * ガブリエル・デザインズ社 * Gabrielle Designs *「パディントン・ベア * Paddington Bear 」* 36cm【 A-2259 】

30,000円(内税)

購入数
イギリス1981年、ガブリエル・デザインズ(Gabrielle Designs)社製・・☆☆
【 パディントン・ベア / Paddington Bear 】


イギリス1981年、ガブリエル社製、体長36cm、首から下げている紙タグつき

¥30.000 新入荷っっ&大変久々の登場っっ!!
1972年に、世界で初めてパディントンのぬいぐるみを作ったイギリスのガブリエル社製の、
36cmの、少し小ぶりのパディントン・ベアでございますヨ〜〜ッ!!
貴重、そして希少、超・超・超レアッ&超・超キュートッ☆☆
世界で最初に作られたパディントン・ベアをそのまま少し小さくしたような体長36cmのコ、
堂々たる立ちポーズをしており、ダッフルコートを着ていて、頭にはテロンとした帽子をかぶって、
ウェリントン・ブーツ=ゴム長靴を履いて、紙タグや布タグまでちゃんと残っており、
物語の冒頭、ブラウン夫妻に拾われた時の格好そのままでございます〜〜ッ☆☆


「くまのパディントン」
1958年10月13日に出版された児童小説「くまのパディントン」シリーズは、
世界30カ国以上の言語で翻訳・出版され、全世界で3000万部を売り上げていて、世界中のファンに愛され続けているベストセラーです。
もちろん小説の主人公は小ぐまのパディントン。暗黒の地、南米のペルーからたった一匹でイギリスまで密航者として旅してきた彼が、ロンドンのとある駅でブラウン夫妻に出会って、家族として迎えられ、さまざまな冒険談とともに街の人気者となっていくお話は、1956年、原作者のマイケル・ボンド氏が妻にクリスマスのプレゼントとして贈ったクマのぬいぐるみから始まったそう。
ダッフル・コートに時化帽(しけぼう)、ウェリントン・ブーツという格好は、ペルーから密航してきたパディントンが、ロンドンの悪天候に備えた旅姿だそう。もちろんマーマレードが大好物です。テレビ、ラジオでシリーズ化され、ミュージカルにもなり、キャラクター・グッズも大人気という世界的なキャラクターとして人気があります。2015年にはCGによる映画「パディントン」、さらに「パディントン2」、そして「パディントン3」も公開されました。

1970年代に世界で最初にパディントン・ベアのぬいぐるみを作ったことで有名な、由緒正しいイギリスのガブリエル・デザインズ(Gabrielle Designs)社製のパディントンを大変久々にご紹介いたしますっっ!!ガブリエル・デザインズ社の当時のパディントン・ベアにはさまざまなカラーリングやサイズがいるようですので、ぜひ全部のお色を揃えていただきたいデスッ!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

淡いグレー・ベージュのナイロンの長いフラシ天がフワフワ〜っと全身を覆っており、
おめめはオレンジと黒のツートーン・プラスティック・アイズで、
お鼻は黒いプラスティック成型です。
最初のパディントン・ベアのぬいぐるみにはお口は元々ありませんでした。

ジョイントのないスタンディング・ポーズをして堂々と立っています。
おなかがポンポコに出ておりズングリムックリした体型をしていて、
全身に綿がパンパンに詰まっていて、抱っこすると大変重みがございます。

頭にはくすんだブルーのウール・フェルト製のテロンとした帽子をかぶっており、
当時のままに安全ピンでズレないように留まっています。
真っ赤なウール・フェルト製のダッフルコートを着用し、木製のボタンがついていて着脱することができます。
裏にロゴや肉球が立体的に入ったオリジナルの青いウェリントンブーツをはいています。

ちゃんと大きな紙タグが付いていて、裏には「このベアの面倒を見てください。お頼み申します。
(=Please look after this bear. Thank you.)」というあの文章がプリント
されており、
ブラウン夫妻に発見された時の再現となっており、
背中には布タグが縫い付けられています。
ビンテージならではの風合いがありますので、ビンテージ・ベアにご理解のある方へどうぞお頼み申します〜〜ッ!!

※1970年代に世界で最初にパディントン・ベアのぬいぐるみを作ったことで有名な、由緒正しいイギリスのガブリエル・デザインズ(Gabrielle Designs)社製のパディントンを大変久々にご紹介いたしますっっ!!
現在でもロンドンに行くとたくさんのパディントン・ベアのぬいぐるみが売られていて、
なんと年間10万体も売れ続けているとかっ!!
いっぱい可愛がっていただける方を大募集中っ!!
またいつご紹介できるか分かりませんので、この表情にピン!と来られた方は、
このチャンスにぜひお迎えくださいね (´▽`)/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

☆。・* イギリスのガブリエル・デザインズ(Gabrielle Designs)社 *・。☆

イギリスのガブリエル・デザインズ社は、シャーリー・クラークソン(SHIRLY CLARKSON)氏によって、1963年に設立されました。同社はマイケル・ボンド氏からライセンスを与えられ、初めての商用ベースでのパディントンのぬいぐるみを1972年に製作しました。クラークソン氏は子供のジョアンナとジェレミーにパディントンのぬいぐるみの試作品をクリスマス・プレゼントとして贈っています。もともとパディントンは裸足でしたが、ぬいぐるみをデザインする際、直立できるようにウェリントン・ブーツを履かせることになりました。ガブリエル・デザインズ社のパディントンのぬいぐるみは大ヒット商品となりましたが、ライセンス契約を結んでいない海賊製品が多数出回り、その対応に追われることになってしまい、クラークソン氏は後に著書でその顛末を記しています。そんなこんなで、大変残念なことに1998年2月に同社は倒産してしまいました。

※さまざまな専門書にガブリエル・デザインのパディントンは登場しています





新着テディベア&アンティーク雑貨たち