テディベア&アンティーク雑貨専門店のレッドバロウ(Red Barrow)月曜と水曜定休 P.M.1:00〜7:00 open 【 すべて送料無料&代引き手数料無料っ!!】

フランス1900〜'30年代、L. ROZAY作品・エタン(スズ・錫)のスズラン柄の小ぶりな花器【 アンティーク1801-04 】

6,800円(内税)

【 フランス1900〜'30年代、L. ROZAY作品・エタン(スズ・錫)のスズラン柄の小ぶりな花器 】

size* 高さ:約12.8cm × 開口部と底の直径:約4.5cm

エタンとはフランス語で錫(すず)の事で、英語ではピューターと呼ばれています。
スズは加工がしやすい金属でしたので、かなり古い時代から大胆な立体的な形を
作る時に重宝されました。そして錆びず、経年による劣化や色の変化も少ないので
お皿や水を入れる花器やジャグやピッチャー、マグ、カトラリーも多く作られました。

そしてご紹介するのは、大変大胆に立体的なレリーフが施された小ぶりな花器です。
スズランとその葉っぱが今にも飛び出しそうに表現されています。
こういった自由でアーティスティックなデザインのものは、
当時の作家の手によるものが多く、側面にはちゃんと作家のサインが刻まれています。
「L ROZAY」は100年ほど前のアールヌーボー期にフランスで活躍した作家で、
その作品はフランスでも高値で取り引きされているようです。
ネットで検索してみても面白いです。
開口部にはさり気なく注ぎ口が作られています。

年月を経たエタンならではの鈍いマットな光の反射がステキです。
特筆すべきダメージなく、アンティークとしては状態が良いと言えます。

新着テディベア&アンティーク雑貨たち